バー バー
ホーム会社概要生産工場


生産工程


仕様打ち合わせ
  各ユーザー様のご要望に合わせ、ご指定配合又は製品規格に基い
たコンパウンドの配合立案。見積もり。

テスト
  要求通りの物性が得られるかの確認。
基本的には量産ラインでのテストをお勧めしますが、少量でのトライも
可能です。(配合内容等の要因で、不可能な場合も有ります。)

量産
テスト合格後量産に移ります。
  材料計量:

混練:



梱包:



検査:


出荷:
CPU管理による自動計量(栗橋工場)

一部特殊品を除き、加圧ニーダーによる混錬。
冷却効率が高く、スコーチの危険性が低い。
又、分散性も良好。

栗橋工場、嬬恋工場ではSPM(シート・プレフォーミング・
マシーン)を導入し、ニーダーからのダンプ後、冷却から
定寸でのシーティングまで自動化しています。

規格に基いた試験を行います。ユーザー様のご指定方法
での検査も、ご相談により可能です。

製品の形状や配送地区により、使用運送便を使い分けし
ます。(幅広く対応可能)